忍者ブログ
アメリカ、ヨーロッパ、国内と、デジカメ片手に「たれぱんだ」といっしょに旅行しています。
アクセス解析
ブログランキング
フリーエリア


カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
ありあ
性別:
非公開
ブログ内検索
最新CM
[08/20 ありあ]
[08/20 たむら]
[08/17 ありあ]
[08/16 たむら]
[08/16 たむら]
あし@
Yahoo!
[78]  [77]  [76]  [73]  [75]  [74]  [72]  [71]  [70]  [68]  [66
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

そのミレニアムパークのもう一つのシンボル。クラウンゲート。
突如出現する巨大な水銀球に、感覚がおかしくなります。
公園の周りを取り囲む摩天楼がきれいに映って。これは摩天楼が立ち並ぶシカゴならではのオブジェかもしれませんね。こちらは英国在住の建築家による作品だそうです。


ミレニアムクラウン

摩天楼の中の水銀球

ミレニアムクラウン2

誰かが毎日磨いてでもいるんでしょうか。
つやつやのピカピカでよく映ります。

下から

真下から撮影すると、世界が歪んでみえて面白いです。

ところでネットで、ミレニアムパークを検索したら面白い記事にぶつかりました。
世界で最も過大評価されている5つの場所
http://www.xeriscape-jp.org/news/n_0910_2.html
だそうです(笑)。(訳がえらい固いですけど、なかなか面白い。)

ただこういった施設は新しいうちはやっぱり使いにくいものです。ニューヨークのセントラルパークだって、長い時間のうちに市民に浸透していったものですしね。まだ1〜2年だからこなれていないのも当たり前。
あんまり歴史があってほっておけば、パリのブーローニュの森のように治安はどんどん悪くなっていくし。なかなかジレンマもあるでしょう。

ただ私のような観光客にとってはとても過ごしやすい場所じゃあありました。
ゴミゴミしたダウンタウン周辺を逃れて、ここらばかりを歩いていたのはそういう理由。
映画でのシカゴは暗い雰囲気なのですが、そういう場所もあり、そうでないミレニアムパークのような場所もありって感じでした。
アメリカの都市は本当にいろんな顔を持っています。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
管理人のみ閲覧可   
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
広告など


じゃらん
バーコード
楽天トラベル
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]