忍者ブログ
アメリカ、ヨーロッパ、国内と、デジカメ片手に「たれぱんだ」といっしょに旅行しています。
アクセス解析
ブログランキング
フリーエリア


カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
ありあ
性別:
非公開
ブログ内検索
最新CM
[08/20 ありあ]
[08/20 たむら]
[08/17 ありあ]
[08/16 たむら]
[08/16 たむら]
あし@
Yahoo!
[206]  [204]  [202]  [200]  [198]  [196]  [194
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

レーニン像

ロシアではほとんどの日をガイドつきのツアーで過ごしましたが、さすがに不自由がつまんなくなってきました。言葉は通じないけれど、地図を片手に地下鉄にのっても大丈夫じゃないかな、と思ってきたんで、実行。

ちなみにモスクワは警官の数が多くて、わりと治安はいいです。まあ、その警官が難物という話し(いろいろとコワイ話し)は聞いてはいるんですが。

それでも別に女性の一人歩きはそれほど少なくないので、なんとかなりそう。ちなみに、地下鉄の駅の名前は覚えられないので、キリル文字のまま最初の三文字を覚えるという方法にしました。三文字同じ駅はないので表示を見れば目的地かどうかわかります。

結構乗り換えが多いので、駅を把握することは大事です。ちなみにモスクワの環状線(勝手にモスクワ山手線と命名)は昼間でもものすご〜く混雑していて、本家山の手線にも負けないくらいです。

で、お目当てのプーシキン美術館に行くために、プロポトヤンスキー駅を降りると、レーニン像がどーん、と。ロシア人て銅像大好きですよね。
ま、鳩の遊び場になってますけど。

プーシキン美術館2

プーシキン美術館は所蔵品数はエルミタージュの次でヨーロッパの二位という巨大美術館です。ということは、一位も二位もロシアにあるってことですよね。
ギリシャ風の重々しい建物です。


プーシキン美術館入り口

前庭も十分に広くて素敵なのですが…。
中でチケットを買おうとすると、今、展示は見られないのよと言われました。(一応、英語。)コミュニケーションが難しいので、なんの理由で見られないのかは不明。
で、となりの絵画館のほうは開いているからそっちに行きなさいと言われました。

プーシキン美術館

仕方がないので、とにかく外観だけは撮影。

プーシキン美術館3

建物の手前に置いてある彫刻も撮影。私だけでなく、同じく観光客と思しい女性も撮影してました。

ニコライ・リョーリフ美術館

絵画館に移動しようとしましたが、入口がどうしてもわからず、その横にあるニコライ・リョーリフ美術館に行ってしまいました。ところがこちらは、11時半からしかオープンしないとのこと。

わからずに中に入っていくと怒鳴られました。くすん。ロシア語で書いてあるからわからないんだもん。ま、ロシア語の語調は固いので、本人は怒鳴っているつもりはないのかもしれない。

可哀想に思ったのか、違う人が「こっちゃ、こっちゃ」と案内してくれた先には、東南アジアっぽい仏像が。なんのコレクションだったのだろう。
「ヤポーニィ?」と聞かれて、肯きました。こうやって呆けてるのは日本人だけなんだろうか。(でも、普通の日本人はツアーでしか回らないね。)

庭園

お庭だけを楽しんだところで、昼食に会議場に帰らねば。せっかく一念発起で行ったのに、結局のところ大した収穫はなし。
でも、地下鉄の乗り方もわかったし。これからなんとか動けそうです。(といっても時間はあんまりないけどね。)
PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
管理人のみ閲覧可   
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
広告など


じゃらん
バーコード
楽天トラベル
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]