忍者ブログ
アメリカ、ヨーロッパ、国内と、デジカメ片手に「たれぱんだ」といっしょに旅行しています。
アクセス解析
ブログランキング
フリーエリア


カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
ありあ
性別:
非公開
ブログ内検索
最新CM
[08/20 ありあ]
[08/20 たむら]
[08/17 ありあ]
[08/16 たむら]
[08/16 たむら]
あし@
Yahoo!
[206]  [204]  [202]  [200]  [198]  [196]  [194]  [192]  [191]  [189]  [187
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

クレムリンに行った次は赤の広場です。といっても、こちらは日を変えてエクスカーションで行きました。

ソビエト連邦、そして冷戦時代を知る世代として、「赤の広場」は特別な思いを抱く場所です。
というのも、ソビエト連邦が、革命記念日に軍事パレードを行い、夥しい戦車、戦闘機、ミサイルなどで示威をしたのが、この広場だからです。

もっとも「赤」は、社会主義を意味するのではなく、古いロシア語で「美しい」という意味を持つのだそうです。

聖ワシリー大聖堂

赤の広場に近づくとまず目につくのが聖ワシリー大聖堂です。まるでオモチャがそのまんま巨大化したような、現実感のない聖堂。一番最初に思い出すのは「テトリス」だったりして(^^;;;;

聖ワシリー大聖堂2

16世紀に「タタールの軛」を脱したことを記念してイワン雷帝が建立したものだそうです。
なお、イワン雷帝は、この聖堂のあまりの美しさに、これを越える聖堂を建てさせないために建設技師の目をつぶしたとか。現代人にはとても理解できない残酷さを持った専制君主のなせるこ。

まー侘びさびを愛する日本人としては、この聖堂のデザインは華やかすぎて。軽すぎるかな。

赤の広場

さて、視線を移すと、ワシリー聖堂の対面は国立歴史博物館。城壁に接しているのがレーニン廟、北側には国立百貨店グームがそれそれ広場を取り囲んでいます。

クレムリンとともに、世界遺産にも登録されています。

赤の広場2

とにかくここはロシア観光の中心。観光客が芋の子洗うようにいっぱい。みんなここで写真をとっています。

それにしても、国立百貨店があるとは知らなかった。ソ連崩壊時にはここにも商品がなかったそうですが、現在は西側の文化が溢れているそうです。

レーニン廟

そして、これが社会主義の礎。レーニンの眠るレーニン廟です。
ついに、ここでもたれの写真を撮りました。
世界征服、着実にすすんでいる?


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
管理人のみ閲覧可   
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
「モスクワからお伝えします」と言えば聖ワシリー聖堂
Newsで「モスクワからお伝えします」と言えば、必ず背景は聖ワシリー聖堂。ロシア史上、最悪の暴君として名高いイワン雷帝がカザン.ハン国併合の記念に建てさせた。 この近辺にはレーニン廟、クレムリン、歴史資料館、グム百貨店とモスクワの名所はすべて揃っている...
URL 2008/10/22(Wed)07:15:17
広告など


じゃらん
バーコード
楽天トラベル
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]