忍者ブログ
アメリカ、ヨーロッパ、国内と、デジカメ片手に「たれぱんだ」といっしょに旅行しています。
アクセス解析
ブログランキング
フリーエリア


カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
ありあ
性別:
非公開
ブログ内検索
最新CM
[08/20 ありあ]
[08/20 たむら]
[08/17 ありあ]
[08/16 たむら]
[08/16 たむら]
あし@
Yahoo!
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

砂漠植物園はアリゾナならではの、気候を利用した面白い植物園です。
私たち外国人にとっては、本当に奇妙な異星のような世界がくりひろげられます。

サボテンという植物は、植物のようでいて、何故か動物のような感じがします。或いはすべてツクリモノのような。

サボテン3

地面を這う姿は、蛇そっくりですよね。砂漠の真ん中でこんなものを見たら、大騒ぎをしてしまいそう。

サボテン2

全般的にハリがあって、とっても痛そうなサボテン。
見てて痛そうな植物。やっぱ悪役づらね。

荒野1

荒れ野にそそりたつサボテン。向こうの電柱ともあいまって不思議な光景です。
穴があいているのはキツツキにやられたから。

荒野2

そしてさらに奇景なのは、このはげ山にぽつぽつと生えているサボテン。
どうみても地球上に見えません。

てゆーか、やっぱトリフィド?

荒野3

アリゾナの砂漠はの奇景を利用していろんな映画のロケに使われるそうです。
映画だけじゃなくて、米軍のイラク侵攻時の戦車の投降シーンは、このアリゾナで撮影されたという噂も _| ̄|○

荒野4

そしてUFO銀座でも有名なアリゾナ。群れをなして飛んでましたよ。(嘘)

この砂漠植物園の野外カフェはなかなかいいところでした。
不思議な景色をみながら飲むコーヒーは美味しかったです。
http://taretu.blog.shinobi.jp/Entry/403/

ということで、長い間おつきあいいただきましたフェニックス旅行記を終わります。
次はロシア編へ。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

PR
プレーリードック

この砂漠植物園では、生態系を大事にしており、さまざまな動物が植物と共に放し飼いになっています。
その中で人気ものはこのプレーリードッグくん。

地下に穴をほり、乾燥した場所でも生き抜く知恵者です。

プレーリードック2

なんでもアメリカでは害獣として駆除対象にまでなってしまうプレーリードッグですが…。
穴から顔と手を出す姿の可愛いこと。萌え〜。

せめてこの砂漠植物園では健やかに自由に生を全うしてほしいものであるよ。

きつつきの家

一方、穴を掘るのはネズミばかりではありません。キツツキは、サボテンに穴を開け、水を吸い、それを巣として利用するんだそう。

こっちも頭いいなぁ。

きつつきの家2

ということで花が咲いた巨大なサボテンにもきつつきがやってきていました。
他のサボテンにも黒い穴があいています。

穴をあけられちゃったサボテンはどうなるのかな。ちょっとそれは心配。

たれもいます。

その他にもネイティブアメリカンの生活の展示なんかもあって、面白かったです。


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

ハーブガーデン

サボテンばかりでは花があっても華がないという配慮でしょうか、ハーブガーデンもありました。
砂漠の中のオアシス?

ハーブガーデンのオブジェ

でもって、最初に目を引くのが、このハーブガーデンにあったオブジェ。自然石を利用したもの、みたいでした。緑色をしているところを見ると銅鉱石でしょうか。
なんとなく、「コードギアス 反逆のルルーシュ」のゼロみたい。

花時計

花時計なんかもあったり。ぶら下がっているものがあ不明。

花壇

花壇からはハーブの強い香りがします。降雨量の極端に少ないこの土地でどうやって栽培しているのやら。
手がかかりそうですね。

アーティチョーク

アーティチョーク(あざみ)の巨大花。
おおたれの顔の半分くらいあります。大きい!
スーパーで見るアーティチョークからは想像ができない花です。


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
時は5月。
ちょうどサボテンは花を咲かせる季節でした。
美しいものもあり、どこか不気味なものもあり、と。サボテンの花はやっぱり不思議です。

サボテンの花1

蛇が鎌首をあげたようなサボテン。赤い花をつけています。

サボテンの花3

ハリがいっぱいで螺旋をまいたようなサボテンですが、ひそやかに地味に黄色い花が咲こうとしています。

サボテンの花3

これは日本でもよくみかけるうちわサボテン。きれいな黄色の花が咲きます。

サボテンの花4


葉っぱの赤いサボテン。何故か花のほうが地味。

サボテンの花5

そうかと思えば、真っ赤な鮮やかな花が咲くのもあります。

サボテンの花6

ちょっぴりグロい巨大サボテンの花。なんだかはじけるように先端に白い花が咲きます。
写真もそうですが、近場で見ると相当に不気味でした。


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

植物園入り口

最終日、是非行ってみたかった砂漠植物園に行くことにしました。残念ながら公共の交通機関では行けそうにないので、タクシーで。

タクシーの運転手さんが帰りにも迎えにきてくれることを約束してくれました。帰りはどうやってタクシーを拾うんだろうと、心配していたのでホッとしました。でも、約束通りに来てくれなかったらどうしよう。

ともかく約束したこの黄色の花の咲いた木を目印に。

植物園入り口2

そしてサボテンの花の写真が載った看板を目印に、砂漠植物園に入っていきます。

丁度、今はサボテンの花が咲く時期。前に行った人たちから、見る価値はある、という情報が入っています。

植物園エントランス

さて、こちらがエントランス。入場料がひとり10ドルです。

地図

砂漠植物園の敷地はかなり広く、大きなメインの道でぐるっと一回りできます。またの間を縦横無尽に走る小径で、区分地に入れます。

サボテンって何?

中に入るとさっそく「サボテンって何?」という看板が。
「サボテンとはサボテン科の植物です。」
…そうですか。
「たいていのサボテンは、多肉植物です。」
サボテンでない多肉植物(水を貯蔵している植物)もあるので、サボテン=多肉植物ではありません。アロエなんかも多肉植物ですね。
「砂漠や乾燥した場所に生えています。」
確かに。

サボテンって何?2

ということで、園内にはサボテンをはじめとして全世界から集めた砂漠に適応した植物が栽培されています。
とにかく、日本人にとっては異星のような風景が拡がることになります。


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
広告など


じゃらん
バーコード
楽天トラベル
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]