忍者ブログ
アメリカ、ヨーロッパ、国内と、デジカメ片手に「たれぱんだ」といっしょに旅行しています。
アクセス解析
ブログランキング
フリーエリア


カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
ありあ
性別:
非公開
ブログ内検索
最新CM
[08/20 ありあ]
[08/20 たむら]
[08/17 ありあ]
[08/16 たむら]
[08/16 たむら]
あし@
Yahoo!
[113]  [112]  [29]  [28]  [27]  [26]  [25]  [24]  [18]  [16]  [17
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

迷路の庭を通って下宮に辿り着きました。
10時丁度にチケットショップが開いたので、全体を見ることのでできるチケットを買って、いざ中へ。

下宮

でも中は改装中で、どこにも入口がない!
あれれれれれ?入口っぽいところは工事の人が出入りするところで…。
中は埃がいっぱいっぽいです。

これじゃないよねー。

ってことで、横道の庭に入る場所にいるおじさんに、「どっからはいったらいいの?」と聞くと…。
「ここよ、ここ。(にっこり)、はい、チケット見せてちょーだいね。」

オーストリア人は、非常に愛想がいいです。ガイドブックにはウィーン子は観光客慣れしているので、愛想がよくないと書いてあるのですが、イタリアやフランスに比較すれば、みんなとても優しくて親切。
フランス人のわりとわかりにくい親切(笑)や、イタリア人の一度目と二度目では全然違うシャイさも嫌いではないですけどね。

部屋1

シェーンブルン宮殿では、撮影できなかったのですが、ここは撮影できるようでした。
(というか、監視の人も他の観光客も、誰もいないのです。撮影禁止の表示もなかったし。)
こわごわ撮影しました。

今でも何かのイベントに使っているのでしょう、新しい椅子が散乱していたり(^^;;;

部屋2

壁紙の色調がとても素敵で豪華です。

部屋3

こちらの部屋は東洋趣味(シノワズリ)です。後ろのタンスは日本製のようでした。
18世紀の西洋において、中国や日本のものは珍重されていて、高価な値で取引されて、貴族の家を飾りました。
なんか我々には、ミスマッチのように思えるのですが(^^;;;;面白いですね。



にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
管理人のみ閲覧可   
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
広告など


じゃらん
バーコード
楽天トラベル
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]