忍者ブログ
アメリカ、ヨーロッパ、国内と、デジカメ片手に「たれぱんだ」といっしょに旅行しています。
アクセス解析
ブログランキング
フリーエリア


カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
ありあ
性別:
非公開
ブログ内検索
最新CM
[08/20 ありあ]
[08/20 たむら]
[08/17 ありあ]
[08/16 たむら]
[08/16 たむら]
あし@
Yahoo!
[29]  [28]  [27]  [26]  [25]  [24]  [18]  [16]  [17]  [110]  [109
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ウィーン観光といえば、世界遺産のシェーンブルン宮殿と相場が決まっていますが、
同じような夏の離宮にベルヴェデーレ宮殿(Schloss Belvedere)もあります。

もともとはハプスブルグに仕えていた貴族オイゲン公が建設したものをマリア・テレジアが買い上げたものだとか。
上宮と下宮の二つの建物にわかれて、大きな庭を挟んでいます。
また、上宮は、オーストリア絵画館、クリムトやエゴン・シーレを所蔵しています。下宮は中世とバロック美術館となっています。美術史博物館とはまた、趣の違う美術館で、こちらも一見の価値があります。

門

これがベルヴェデーレの正門です。
シェーンブルンよりも少し小さいけれど優雅な離宮です。

ベルヴェデーレ

大きな池の周りを野の花が飾り、シェーンブルンが男性的であるのに対してベルヴェデーレは女性的で優美な外見です。

ベルヴェデーレ2

ベルヴェデーレとは、「美しい眺め」という意味だそうです。

さて、最初、ツアーでこのベルヴェデーレ宮を訪ねたのですが、外観のみで、せっかくの美術館を見る時間がありませんでした。後ろ髪をひかれる思いで、ここを離れました。

スフィンクス1

その後、リヒテンシュタイン美術館に行こうとして、間違った路面電車に乗ってしまい、
何故かもう一度、このベルヴェデーレを訪れることになってしまいました。
きっと、私には方向音痴の守り神がついているんでしょう(笑)、

ツアーの時には撮りにくいたれ写真も、開館前のほとんど人がいない宮殿では撮り放題。
庭を飾るスフィンクス(獅子女身像)と記念写真です。

スフィンクス2

このライオンと女性を混合したスフィンクス像は庭のあちこちに置かれています。
ベルヴェデーレの創設者オイゲン公の言った「女のように美しく、獅子のように強く」という言葉を具現化したものだとか。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ


PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
管理人のみ閲覧可   
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
広告など


じゃらん
バーコード
楽天トラベル
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]