忍者ブログ
アメリカ、ヨーロッパ、国内と、デジカメ片手に「たれぱんだ」といっしょに旅行しています。
アクセス解析
ブログランキング
フリーエリア


カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
ありあ
性別:
非公開
ブログ内検索
最新CM
[08/20 ありあ]
[08/20 たむら]
[08/17 ありあ]
[08/16 たむら]
[08/16 たむら]
あし@
Yahoo!
[51]  [54]  [53]  [52]  [122]  [50]  [49]  [48]  [46]  [45]  [43
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ホイリゲの話をさらに。

酒とバラの日々でもこのホイリゲでのパーティの模様を記事にしていますので、あわせてご覧下さい。
ウィーンのホイリゲ(新酒酒場)その1
ウィーンのホイリゲ(新酒酒場)その2


宴も中途。お腹も一杯になってしまったし、ワインもちと飲み飽きて…。
配偶者といっしょに散歩することにしました。昨日のエントリの分の散歩はひとりだったので、近場でちょこっとだけでしたが、今度は丘の上まで行ってみることになりました。

ぶどう畑(丘の上)

さすがの暑さも、日が沈むとましになります。
またウィーンの市街地と比較すると緑が多いだけに、涼やかな風が吹くようです。

丘の上から見る景色

丘の上からはなだらかなグリンツィングの風景が見えます。教会や、他のホイリゲの灯りとか…。
虫の声が聞こえる中を、遮ることのない広い夕空。とても懐かしい風景のような気がします。遠く波濤をこえ、地球の裏側にきているというのに。

ぶどう畑のマリア様

葡萄畑の真ん中には、カソリックの国らしくマリア像がたっていました。

夕暮れ

シルエットになったマリアの像と、グリンツィングの風景が今でも心に残っています。






さて、オーストリアワインですが、自国で消費してしまっているために、たくさんは輸出されてはいません。日本に来る数も限られてはいますが、このグリンツィングをはじめとしてウィーンの周辺はたくさんの葡萄畑、ワイン農家があります。

オーストリアのワインの背景については以下のサイトに詳しいです。
http://www.winesfromaustria.jp/index.php

免税品で私が買って帰ったワインは、この2つです。辛口の白。美味しかったです。
ワインについては、やはり「酒とバラの日々」にて。


Lenz Moser Gruner Veltliner レンツモーザー グリューナー・フェルトリーナ

オーストリアワイン ブルンデルマイヤー


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
管理人のみ閲覧可   
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
広告など


じゃらん
バーコード
楽天トラベル
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]