忍者ブログ
アメリカ、ヨーロッパ、国内と、デジカメ片手に「たれぱんだ」といっしょに旅行しています。
アクセス解析
ブログランキング
フリーエリア


カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
HN:
ありあ
性別:
非公開
ブログ内検索
最新CM
[08/20 ありあ]
[08/20 たむら]
[08/17 ありあ]
[08/16 たむら]
[08/16 たむら]
あし@
Yahoo!
[118]  [117]  [116]  [115]  [31]  [32]  [30]  [114]  [113]  [112]  [29
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

もう一つ、「生きている」アール・ヌーヴォー建築をご紹介しましょう。
アール・ヌーヴォーの建築家、オットー・ワーグナー設計の集合住宅、「マジョリカハウス」です。

マジョリカハウス

赤い花模様のタイルと、金色の手すり、緑。19世紀のものとは思えないほど、モダンで素敵な外観です。

マジョリカ焼き

赤い花模様のタイルと、金色の手すり、緑。19世紀のものとは思えないほど、モダンで素敵な外観です。
もちろん、アール・ヌーヴォーなので植物モチーフです。


メダイヨン館

一方その隣にあるのが、コロ・モーザー設計の「メダイヨン館」です。
おなじくアール・ヌーヴォー形式の集合住宅です。

壁面を飾る金細工が「メダル」のようであることから「メダイヨン館」と呼ばれています。
ポイントを絞った金色の使い方が上品かつ華麗な外装になっています。

メダイヨン館

飾り部分の拡大です。シダ模様になっているところがやっぱりアール・ヌーヴォー。

メダイヨン館2

角にアールをとっているのが近代建築のよう。

メダイヨン館3

実際に現在でも住居として人が住んでいるので、内部の見学はすることができません。
でも、私のように観光客がカメラぶらさげてやってくるわけで、この素敵なマンションい住むのはなかなか大変かも。
少なくとも、洗濯物は干せませんね。(^^;;;

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
管理人のみ閲覧可   
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
広告など


じゃらん
バーコード
楽天トラベル
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]