忍者ブログ
アメリカ、ヨーロッパ、国内と、デジカメ片手に「たれぱんだ」といっしょに旅行しています。
アクセス解析
ブログランキング
フリーエリア


カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
HN:
ありあ
性別:
非公開
ブログ内検索
最新CM
[08/20 ありあ]
[08/20 たむら]
[08/17 ありあ]
[08/16 たむら]
[08/16 たむら]
あし@
Yahoo!
[43]  [42]  [120]  [119]  [41]  [39]  [38]  [37]  [35]  [34]  [33
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

音楽家のための都、ウィーン。それは今も昔も変わらないようで。
歴史に名を残す楽聖たちはこぞってこのウィーンで演奏をしました。
彼らへのレスペクトは今も残り、ウィーンには楽聖たちの銅像が街にいたるところに置いてあります。それを訪ねてみましょう。

モーツァルト1

一番の有名どころは、天才ウォルフガング・アマデウス・モーツァルト。
特に2006年はモーツァルト生誕250周年だったので、数多くの観光客がここを訪ねたようです。

モーツァルト2

生まれ故郷はザルツブルグですが、そこの司教とケンカしてウィーンにでてきて、ハプスブルグ皇帝ヨーゼフ候(マリア・テレジアの息子ですね。)の庇護の元に数多くのオペラを書いたのは、映画「アマデウス」などでもお馴染み。

モーツァルト3

250周年を記念して、彼の住んでいた家を改装した記念館モーツァルト・ハウスもきれいに改装されたみたいです。残念ながら時間がなくて、モーツァルト・ハウスには行くことができませんでした。

ベートーベン

もうお一方有名人の、ルートヴィヒ・ヴァン・べートーヴェン。ドイツ生まれですが、彼もこのウィーンで活動し、その生涯を終えています。


ベートーベン2

耳疾に悩まされた彼の生涯も苦難に満ちたものであったようで。ベートーヴェンというと、苦虫噛みつぶしたような銅像しか残っていませんね。




にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
管理人のみ閲覧可   
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
広告など


じゃらん
バーコード
楽天トラベル
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]