忍者ブログ
アメリカ、ヨーロッパ、国内と、デジカメ片手に「たれぱんだ」といっしょに旅行しています。
アクセス解析
ブログランキング
フリーエリア


カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
ありあ
性別:
非公開
ブログ内検索
最新CM
[08/20 ありあ]
[08/20 たむら]
[08/17 ありあ]
[08/16 たむら]
[08/16 たむら]
あし@
Yahoo!
[45]  [43]  [42]  [120]  [119]  [41]  [39]  [38]  [37]  [35]  [34
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ウィーンの人はよっぽど銅像が好きなのか、街のいたるところにもあるのですが、市立公園の中は銅像だらけです。
その中で、我々のなじみ深い楽聖をまたお二人。

シューベルト

ウィーンに生まれ、ウィーンに没した生粋のウィーンっ子フランツ・シューベルト。

シューベルト2

シューベルトの作品は「野ばら」のように叙情的なものが多いのですが、こんな無骨いおじさんだったのですね。といっても、若くして(31才)でなくなっています。

ヨハンシュトラウス2

もう一人、こちらも生粋のウィーン人。ウィンナーワルツを確立したひととして、ウィーンのもっとも代表的な作曲家、ヨハン・シュトラウス2世。「美しき青きドナウ」で有名です。

ヨハン・シュトラウス1

それにしても誰がこんな悪趣味のキンキラキンにしてしまったのでしょう。
(もともとは白色だったらしいです。)
ヨーロッパは修復かけると徹底的にやるので、こういう趣味の悪い金色にしちゃうんですよね。(^^;;;;
ワルツ王だけあって、なんとも軽い雰囲気の像だし…。そういう人だったんだろうか。

公園内

市立公園の中は真ん中に池があって、のんびりと鴨が浮いています。
ジョギングしている人も多くて、なかなか居心地がよい場所です。

桜の植樹

そこでみつけたのが、日本語の記述のある桜の植樹のプレート。1996年に岐阜市とウィーンとの友好のシンボルらしいです。


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
管理人のみ閲覧可   
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
広告など


じゃらん
バーコード
楽天トラベル
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]