忍者ブログ
アメリカ、ヨーロッパ、国内と、デジカメ片手に「たれぱんだ」といっしょに旅行しています。
アクセス解析
ブログランキング
フリーエリア


カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
ありあ
性別:
非公開
ブログ内検索
最新CM
[08/20 ありあ]
[08/20 たむら]
[08/17 ありあ]
[08/16 たむら]
[08/16 たむら]
あし@
Yahoo!
[89]  [88]  [87]  [8]  [7]  [6]  [5]  [4]  [3]  [85]  [1
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

さて、美術史博物館の入口から入ってみましょう。

エントランス

このエントランス、丁度2階のカフェの下にあります。
天井に穴をあけて、3階だての天井までの吹き抜け構造になっているのです。

吹き抜け

天井がガラスになっていて、吹き抜けから自然光が降り注ぐようになっています。
ヨーロッパの美術館は、この自然光を上手く利用した建物になっているところが多いですね。

この吹き抜けで通じた二階のカフェで食事をしました。
その時の模様は、酒とバラの日々にて


階段

天井に見とれていると、いきなりの大階段。
これまた3階までの空間を最大に利用しています。

なんでも、ヒトラーがオーストリア併合した時に、この建物をえらく気に入ったとか。
もっとも、中に入っている山のような至宝の絵画を、退廃美術よばわりして、目もくれなかったとか…。
ま、そのおかげで、ちゃんとウィーンに美術品は残ったようです。

階段2

大理石をふんだんに使い、彫刻で彩られた踊り場。

階段その3

美術館というよりは「劇場」といった感じで…。
確かにとてもきれいだけど、「こてこて」のヨーロッパ、って感じ。
なんだかバターとチーズと生クリームてんこ盛りですね(笑)

たれもびっくり

なんか、ちょっとたれも辟易としてない?
ケンタウロスさんがかわいそーでし。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
管理人のみ閲覧可   
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
広告など


じゃらん
バーコード
楽天トラベル
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]