忍者ブログ
アメリカ、ヨーロッパ、国内と、デジカメ片手に「たれぱんだ」といっしょに旅行しています。
アクセス解析
ブログランキング
フリーエリア


カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
ありあ
性別:
非公開
ブログ内検索
最新CM
[08/20 ありあ]
[08/20 たむら]
[08/17 ありあ]
[08/16 たむら]
[08/16 たむら]
あし@
Yahoo!
[92]  [91]  [90]  [89]  [88]  [87]  [8]  [7]  [6]  [5]  [4
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

その他思い入れがある絵画を、紹介していきたいと思います。

マクシミリアン1世の肖像

デューラーが描いた、ハプスブルグ帝国の祖ともいうべきマクシミリアン1世の肖像です。「中世最後の騎士」と言われる彼が、神聖ローマ皇帝に即位した後の姿です。

ルーベンス

ルーベンスの「ヴィーナスの踊り」
ルーベンスらしい肉体表現の絵画と言えるでしょう。

ちょっとコテコテで、バタくさいけれど、ダイナミズムでは秀でています。

クラナッハのユーディット

聖書のユーディットの物語に想を得たこの作品。
ユーディットとは、敵将ホロフェルネスを誘惑し、閨で首を切り取り、ユダヤに勝利をもたらしたとされる女英雄です。
この話しは芸術家の想像力を刺激するのか、このモチーフで数々の絵が描かれています。

半眼の憂いを帯びた顔もすさまじいこのユーディットは好きな作品です。

ラフェエロの聖母

一方、聖なる慈愛の微笑を浮かべたラファエロの「草原の聖母」は、数限りない聖母像の中でも最も美しいもののひとつでしょう。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
管理人のみ閲覧可   
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
広告など


じゃらん
バーコード
楽天トラベル
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]