忍者ブログ
アメリカ、ヨーロッパ、国内と、デジカメ片手に「たれぱんだ」といっしょに旅行しています。
アクセス解析
ブログランキング
フリーエリア


カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
ありあ
性別:
非公開
ブログ内検索
最新CM
[08/20 ありあ]
[08/20 たむら]
[08/17 ありあ]
[08/16 たむら]
[08/16 たむら]
あし@
Yahoo!
[194]  [192]  [191]  [189]  [187]  [185]  [183]  [181]  [179]  [177]  [175
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ノボデヴィチ修道院の特徴は、三種類の時代が違う建築が一同に集まっていることです。

3

手前の木造の教会。タマネギのようなロシア風のキューポラのある教会。そして、幾層にもわかれた塔。
この三つが一同に介している姿は美しいけれど混沌。
誠にロシアらしい姿だと思います。

木造教会

赤と緑に塗られた木造教会は、なんとも不思議な色合いです。
ここは中に入ることができたのですが、残念ながら教会内には尼僧さんたちがいるので撮影禁止。
教会内は、金色に縁取られたイコンがたくさんありました。

キューポラ

ロシアらしいたまねぎ型のキューポラのある教会。
金色はギリシャ正教を、銀色はロシア正教を意味するのだそうです。

塔

そして、まるでタロット占いにでてきそうな細長い塔。
層をなすこの構造は、どこかアラビアの雰囲気がします。

小さな礼拝堂

そして庭の隅にある金色の屋根の小さな礼拝堂。

西洋と違う、この独特の雰囲気。威嚇するような巨大な建築の多いロシアの中で、私は、ひっそりとたっていたこの礼拝堂が一番好きでした。

天使

庭のあちらこちらに置いてある天使像が、ここがキリスト教の教会であることを思い出させてくれます。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
管理人のみ閲覧可   
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
広告など


じゃらん
バーコード
楽天トラベル
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]