忍者ブログ
アメリカ、ヨーロッパ、国内と、デジカメ片手に「たれぱんだ」といっしょに旅行しています。
アクセス解析
ブログランキング
フリーエリア


カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
ありあ
性別:
非公開
ブログ内検索
最新CM
[08/20 ありあ]
[08/20 たむら]
[08/17 ありあ]
[08/16 たむら]
[08/16 たむら]
あし@
Yahoo!
[136]  [135]  [134]  [133]  [132]  [131]  [130]  [129]  [128]  [127]  [124
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

東京の美術館はかなり充実してきて。地方在住者にとっては羨ましい限り。
せっかく東京に出てきたんだから、美術展のはしごと洒落込みました。

新国立博物館

二度目の訪問の国立新美術館。
前回は内部の奇抜さに目を奪われ、外側から撮っていなかったので。今回は忘れずに外に出ました。
メトロから来るので、ついつい忘れるのよね。

新国立博物館2

奇抜ですが、そこここに「和」の趣を感じます。
障子のようなガラスの使い様。直線の組み合わせを使って曲面を波打たせているところなど。
好き嫌いは別れそうですが、やはり天才の技であることは確かです。
この建物自体が一種の美術品なので、内部の動線なんてのはおざなりになっちゃったんでしょね。

モディリアーニ展1

今回は、エコール・ド・パリの画家 モディリアーニの展覧会です。
なで肩で首の長い異様なプロポーションで描くことで、有名な人です。

このなで肩プロポーションは、どうもアフリカ民族芸術に影響を受けた末に、彼が開発した独自のスタイルといった様子。
瞳の光を描きこまないので、どの肖像画もどっか疲れたような幸うすげ。

モディリアーニ展2

後年、妻となったジャンヌ・エビュテルヌをモデルにした絵も多いです。
しかし、極私的には、彼女を描いた絵にはあまり魅力を感じません。
彼女という生きた理想に出会ってしまったが故に、絵のもつベクトルがどんどん衰えていっている…ように見えます。
皮肉なことにいっしょに飾られているジャンヌの写真のほうが、もっと精彩を放っている。

モディリアーニ展3

ま、どうも二人の結婚生活は幸せなものではなく、
貧困と病気とアルコール中毒、薬物依存などと、お決まりの芸術家病の末に亡くなったみたいです。
またジャンヌも後追い自殺をしたとか。

窓から見た風景

窓から、遠く桜が見えます。この近くに公園あったっけ?などと呑気な会話をして、そっち方向に行ってみることにしました。
で、そこは公園ではなく、青山墓地でした(笑)。





にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
管理人のみ閲覧可   
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Modigliani 
 昨日、六本木の国立新美術館で開催中の 「モディリアーニ展」に行った。 Amedeo Clemente Modiglianiはイタリア出身で、 20世紀初めのフランスで活躍した エコール・ド・パリを代表する画家だ。 国内では過去最大規模というModiglianiの展覧会では、 女性の肖像画が多く展示されていた。 それもそのはず、 風景画はほとんど描いていないという。 写真中央の赤毛の娘は 後の妻となるジャンヌ・エビュテルヌだ。 彼の描く肖像画には、 目玉を描かず白眼だけのものが多いが、 これは初期に彫刻家...
URL 2008/05/13(Tue)08:14:18
2つのモディリアーニ展
仮面なる ヴィーナスの吐息 耳立てる  2つのモディリアーニ展を見た。本当は別々に書きたいけど、でも、敢えてひとつ屋根の下で書くね。理由は3つ。  第一には、2つの展の比較相違。次には、何故に同じ画家の展が同時期に。そして、最後には、各展そのものよりも両展
URL 2008/06/07(Sat)04:56:01
広告など


じゃらん
バーコード
楽天トラベル
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]