忍者ブログ
アメリカ、ヨーロッパ、国内と、デジカメ片手に「たれぱんだ」といっしょに旅行しています。
アクセス解析
ブログランキング
フリーエリア


カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
ありあ
性別:
非公開
ブログ内検索
最新CM
[08/20 ありあ]
[08/20 たむら]
[08/17 ありあ]
[08/16 たむら]
[08/16 たむら]
あし@
Yahoo!
[138]  [137]  [136]  [135]  [134]  [133]  [132]  [131]  [130]  [129]  [128
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

次の目標は六本木ヒルズです。
ただ、青山墓地に行ってしまったがために、六本木ヒルズへはどう行けばよいのかわかりません。横浜在住の友人もいっしょでしたが、彼もヒルズへは行ったことがないのです。
で、どうもヒルズらしき摩天楼が向こうに見えるので、アレを目標に行ったらどうでしょう、という私のアバウトな性格が炸裂します。ヒルズの外観は確かにニュースなんかで見たことはありますが、わりと特徴なくて…。←ニュースに疎い

遠くからみる六本木ヒルズ

ま。ヒルズに辿り着ければそれでいいし。巨大ビルなのでお茶を飲む場所くらいありそうです。
麻布あたりをぶらぶらと。ここらへんは面白そうなレストランが多くて、次回はゆっくりと冒険してみたいです。

「旅行をしたときは、分かれ道はより細い道を選ぶのです。そうすると面白い処に行き着けることがあります。もちろん、その後、道に迷って帰るのに大苦労することが多いんですが。」
と私の旅行スタイルを披瀝すると、
「今年、ありあさんはロシアに行くそうですが、ロシアでその方法はとらないほうがいいでしょうね。」
と不安そうに言われました。

六本木ヒルズ

でも、私たちのカンは間違ってなかったらしく、その高層ビルは六本木ヒルズでした。たまにはちゃんと目的地に行き着けるんです。(えっへん)
悪名高き(?)ITバブルの東京バビロンの象徴ともいうべき摩天楼。
…でも、ま、期待したより、あんまり大きくないな。

六本木ヒルズまぢか

広角でないデジカメだとここらへんが精一杯。
16:9のワイドに撮れる広角デジカメの友人の写真だと、バーンと大迫力で撮れるんですけどね。
悔しい。

エレベーターで上に

一端下に降りて、エレベーターで上がっていきます。

大蜘蛛が!

上に上がると、巨大蜘蛛のオブジェが、観光客と思しき人々を襲っていました。平和な街は為す術もなく殺戮の舞台と化し、誰もが地球全体の危機を予感したのだった・・・てな感じ?
友人はリアル「THE 地球防衛軍」といって喜んでましたが…。
特撮魂を感じるオブジェに二人で満足しました。

森アートミュージアム

さて、目的は、六本木ヒルズ森タワー35Fの森美術館へ。
ムートン・ロスシルド ワインラベル原画展に行きました。
残念ながら3/30で終わってしまってますが、ボルドーの有名シャトー、シャトー・ムートンの歴代のワインラベルとその原画とを一同に集めたという興味深い展覧会です。
そ、かの有名な金融一族ロスチャイルド家所有の有名シャトーですね。
何故ロスチャイルド家がボルドーに最高のワインシャトーを持つにいたったか、という話しはこの↓本に詳しいです。

ロスチャイルド家と最高のワイン―名門金融一族の権力、富、歴史ロスチャイルド家と最高のワイン―名門金融一族の権力、富、歴史
ヨアヒム・クルツ 瀬野 文教

日本経済新聞出版社 2007-12
売り上げランキング : 15236

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



ロートシルト展

とにもかくにも中身は、シャトー・ムートン。ある意味、酒のカタチをした文化といっても過言ではなく…。
そしてそのラベルにピカソ、シャガール、ミロ、ウォーホル、キース・ヘリングなど名だたるアーティストたちが絵が競う。いやー贅沢。

ラベルという限定された大きさの中に、「ワインを飲む喜び」といった一定の主題で、画家たちが競っているのを見るのは圧巻です。
(ただし、ピカソの絵だけちょっと大きいのです(笑)。
もしかしたら巨匠の絵には誰も文句が言えなくて、ラベルのほうをリデザインしたのかも(^^;;;;)

花の庭

残念ながらお天気は崩れてきたのですが、なかなか面白かったです。

六本木アートトライアングル(国立新美術館、森美術館、サントリー美術館)の3つのうち2つを制覇したので、次にはサントリー美術館にも行ってみたいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
管理人のみ閲覧可   
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
広告など


じゃらん
バーコード
楽天トラベル
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]