忍者ブログ
アメリカ、ヨーロッパ、国内と、デジカメ片手に「たれぱんだ」といっしょに旅行しています。
アクセス解析
ブログランキング
フリーエリア


カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
ありあ
性別:
非公開
ブログ内検索
最新CM
[08/20 ありあ]
[08/20 たむら]
[08/17 ありあ]
[08/16 たむら]
[08/16 たむら]
あし@
Yahoo!
[14]  [13]  [12]  [11]  [10]  [9]  [100]  [101]  [99]  [98]  [97
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

さて、ウィーン旅行記に戻ります。

美術史美術館の企画展は、ハプスブルグ皇帝の象牙フィギュアコレクションでした。
写真だとわかりにくいですが、この像は大体50cmくらいの高さです。
もう、その細工の細かいこと、細かいこと…。

象牙の像2

ギリシャ神話などに題材をとってます。これは月桂樹に変身するダフネかな

象牙の像1

こちらは、大天使ミカエルかも。
踏んづけているところは、ちょっと仁王様みたい(笑)

こういった像が数え切れないほどに展示されています。
一個くらい持って帰って飾りたい(^^

っていうか、海洋堂さん、レプリカ作ってください。お願いします。

象牙の像3

細かい細工の船。
ローマのガレー船でしょうか

象牙の像4

王の像でしょうかね

それにしても、これだけの象牙…。
たとえバロック時代の物とはいえ、当時ですらものすごい富。

ハプスブルグは「太陽の沈まぬ帝国」と呼ばれましたが、その富の集積たるや…。
我々の想像の上を行きそうです。

象牙の置物

いつまでも、この美術史博物館で遊んでいたかったのですが、この日は夕方からレセプションがあったために、3時くらいに出ることになりました。
なので、絵画コレクションも見てないのがありそうだったし、エジプトコレクションも残念ながら断念しました。

レセプションパーティは、ウィーン市からの招待で市庁舎でありました。
その模様は酒とバラの日々 市庁舎での歓迎会にて


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
管理人のみ閲覧可   
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
広告など


じゃらん
バーコード
楽天トラベル
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]