忍者ブログ
アメリカ、ヨーロッパ、国内と、デジカメ片手に「たれぱんだ」といっしょに旅行しています。
アクセス解析
ブログランキング
フリーエリア


カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
HN:
ありあ
性別:
非公開
ブログ内検索
最新CM
[08/20 ありあ]
[08/20 たむら]
[08/17 ありあ]
[08/16 たむら]
[08/16 たむら]
あし@
Yahoo!
[105]  [104]  [103]  [15]  [14]  [13]  [12]  [11]  [10]  [9]  [100
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

パーティやコンサートやツアーと、楽しいのは楽しいけれど、気疲れをする忙しい時間を過ごしましたが、
やっと、落ち着いて、自分ひとりで動けるようになりました。

ガイドブック片手に、心赴くままに、自由にひとりで街歩き。(もちろん、配偶者は仕事です。)
まずは、自分の居る場所をしっかり確認するために、徒歩で行ける場所からさぐっていきます。


カールス教会

ホテルの近くにある、カールス教会はバロック建築の傑作だそうです。
通常教会建築といえば、ゴシックやロマネスク、と相場が決まっていますが、
18世紀という比較的新しい時期に建てられたために、バロック様式です。

(戻ってから気付いたんだけど、ジョギングしているおじさんにジャマされているよぉ。(笑)
たくさん撮りましたが、全体がきれいに入っている写真はコレだけだったのです。 _| ̄|○ )

ムーアの彫刻

面白いことに、前にある池には、ヘンリー・ムーアの彫刻が置いてあります。
18世紀と20世紀芸術の時を越えたコラボレーションというところかな。

左から

ローマのトラヤヌス帝記念柱にヒントを得たという巨大円柱が建っていて。
中央の緑色のドームはなんとなく東方教会やイスラム圏の影響を思わせます。

なんだか、いろんなところの建築をミックスさせた、って感じ。

左像

右像

このオベリスクには、戦勝の物語ではなく、ウィーンの守護神、カール・ポロメウスがペストを鎮めるという物語のレリーフが刻まれているのだとか。

装飾の美しさではウィーン1と言われる美しい教会です。 

教会とたれ


「たれ」もちょっとおすましに記念写真(^^

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
管理人のみ閲覧可   
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
広告など


じゃらん
バーコード
楽天トラベル
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]